FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショック! 放射能汚染ホワイトウッド

ペレット燃料焼却灰 セシウム事件に続き
今度は「放射能汚染ホワイトウッド」の話

「WINEPブログ」さんのページに
こんな記事が(勝手にリンクさせてもらいます)
放射能汚染ホワイトウッドがなぜ日本に参入できたのか

値段の安さに惹かれて、大量に購入、
加工時には、マスクもかけずに、おがくずをずいぶん吸い込んだ気がする

ウチの庭は チェルノブイリのセシウムだらけジャン!

ホワイトウッドにホワイトペレット……

これからDIYで何かを作るなら、
木材の原産地を調べる必要がある
カナダ材なら大丈夫だろうな~。
スポンサーサイト

DIY 超ローコスト ウッドフェンス3年経過 

ホワイトウッドで作った15000円の超ローコスト ウッドフェンス
3年を経過し、4年目を迎えようとしています。

今のところ、破損することなく最初の状態を維持しております。
塗装もしていません。最初に塗ったままの状態です。
woodfence1.jpg
でも、近づいて、よーく見ると、塗装のはがれや割れもあります。
でも、激安SPF材のワリには、よくもっていると感心してます。
woodfence3.jpg
再塗装とも考えましたが、あと1年ほどで、一部駐車場にする予定で、
そのときは作り直しですから、現在新しいデザインを思案中です。
ぷー子がクレマチスオタクになってしまったので……(笑)
ツル用にワイヤーメッシュを取り入れなければなりません。

DIY ウッドフェンス製作

超ローコスト、材料費15000円のウッドフェンスを作りました^^
今回は、表題登記の時のjw-cadが少し使えるようになったので、
図面を書いてから作りました。
zumen_20090814071406.jpg
前に作ったゴーヤアーチのデザインを発展させた、オリジナルデザインですが、
処女作のバーゴラともデザインや色を合わせ、立体的な構造にしました。
IMGP3425.jpg
すでに、道路との境には、かなり植栽されていましたが、そのままそこに作りました。
中央のツルものは、トケイソウです。ものすごい繁殖力です。
製作中にも、どんどん成長していき、完成時、背面のフェンスの横板は隠れています。
IMGP3444.jpg
いちばん苦労した部分です。巾の広い3面よりも時間がかかりました。
下のカーブに合わせて、約400mm巾の3面を組み合わせてあります。
接合部はすべて斜めカット。設計図通りの角度に切るのは至難の業です。
IMGP3447.jpg
道路に面したフェンスですので、いちばん気をつけたのは、
台風や大風でも倒れないようにすることです。
今回、初めて、本格的なコンクリート、モルタル作業をしました。
8本の柱はコンクリートで地中に立ててあります。
ベニヤを使って、簡単な枠をつくり、その中にコンクリートを流しました。
コンクリートとモルタルの違いも今回初めて知りました。
コンクリートやモルタルは水と一緒に練るのですが、
これは、ウワサどおり重労働、電動ドリル用の「攪拌機(750円)」を購入しました。
a432.jpg
これは、スグレモノ。コンクリート練りがチョー楽になります。
IMGP3453.jpg
内側から見たフェンスです。これまで、通りから丸見え状態でしたが、
妙に落ち着いた空間ができた感じです。
ふーこは、この空間を花園にする予定だとか。

《材料と費用》
SPF材、ホワイトウッド(近所のホームセンタで購入)
       (単価)  数量      合計
2×4材(258円) 14本    3612円
4×1材(158円) 21本    3318円
2×1材(158円) 6本    948円
1×1材(98円) 24本    2352円
コースレッド        約1480円
塗料(スーパーウッドステイン)   約2000円
インスタントセメント20kg(598円) 2袋 1196円
インスタントモルタル20kg(598円) 1袋 598円
------------------------------------
総額 15504円
------------------------------------
(塗料とコースレッドはウッドデッキの時の残りなので、概算です)

●木材
材料のSPF,ホワイトウッドは、持ちが悪いということです。
そのうち駐車場になるかも知れない場所なので、
安い材料を使いましたが、どういう結果になるでしょう。
ちなみに、レッドシーダーの価格は、SPF材のは約3倍です。
●コンクリート
基礎にコンクリートを使いましたが、
使えるところは、フェンスフロックを使うべきでした。
●塗装
雑巾がけ法で、材料の段階で2回塗りをしました。
刷毛は使っていません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール

Pooko

Author:Pooko
《ぷーこ》
クレマチスが大好きな主婦。足のリハビリはほぼ終了。

《ふー2郎》
プチオタクの夫。修理が大好き^^木工はもう飽きたかも。  
     

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。